Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor Ban Ako 's Column

中国語を勉強する前-中国語のいろいろ

Aug 17, 2019

中国語のいろいろ


公用語(漢語 
or 北京語 or普通話とも言えます)
 台湾で公用語とされている言葉は北京語であり、中国大陸(中華人民共和国)で使用されている言葉も北京語です。
 どちらか一方で北京語を習得されていればどちらでも会話は可能ですね。
 

        漢字

    中国語は全部漢字で構成しています。これらの漢字は日本の漢字とまったく同じものもあれば、形の異なるものも多くあります。
 漢字は繁体字と簡体字があり、現在繁体字使ってる国及び地方は台湾と香港、マカオ、北米を中心とする華僑です。簡体字は中国大陸(中華人民共和国)です。

 さて、なぜ同じ北京語なのに台湾と中国大陸(中華人民共和国)文字が異なるのか。
 中華人民共和国は、1950年代数回にわたって、複雑すぎる漢字が学習を妨げているという考えがあり、漢字の画数を減らしたり、漢字の一部分を丸ごとなくしたりして、漢字を簡略化してきたからです。
 一方、台湾は民主主義の国で、中華人民共和国との思想で対立しています。台湾人は中華文化の伝統を守って、文字の構成はそれぞれの深い意味があり、古来よりある文字こそ真の中国語だと考えがあるから、繁体字そのまましようしています。
 また英語圏では識別のために繁体字のことをTraditional Chinese(伝統的な中国語)と呼ぶこともあります。

Got a question? Click to Chat