Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor とうこ 's Column

Cafetalkを始めて気づいたこと

Apr 29, 2015

かつての英会話教室での講師時代は「広く浅く教えていたなぁ」ということです。

マニュアルがあり、レッスンプランがあり、それに沿って進めていくことが義務付けられていた為です。

ここはもう少し復習が必要!と思っても次に進むしかありません。

大手になればなるほど、他校と同じ速度で進むことは重要でしょう。マクドナルドはどこのマクドナルドでも同じ味みたいな感じでしょうか。

今思えばタイムマネージメントやレッスンプランを終わらせることに気を配っていた気がします。

Cafetalkでは生徒さんにもよりますが、英会話教室の講師時代と比べるとレッスンの進度は随分遅くなりました。

レッスンをしている最中に弱いところが見つかると次回のレッスンでそこを強化したり、復習をしたりするからです。

毎回レッスンプランは立てますがほとんどの場合、その通りにいきません。

でも、それこそが本当に個人に合わせることだと思っています。

広く浅くやるよりも、時間はかかってもしっかり定着させていくことの方が長い目で見ると大切です。

逆にすごく飲み込みが早い生徒さんについても効率よく学習できます。

例えば数字を"100"まで数えられる生徒に、マニュアル上"30"までしか教えないというのも勿体無い話で、時間の無駄が生じます。

個人に合わせて教えれるということはとても効率が良いですね、大人もですが子供だと尚更です。

以前、"オンラインVS英会話教室"という記事を書きましたが、完全にオンラインに軍配があがりました^^

 

Got a question? Click to Chat