Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor Yukihiko 's Column

素晴らしきミュージック・ビデオの世界 前編

Jun 17, 2020



こんにちは。オンライン講師のYukihikoです。


コメント、お問い合わせなどお気軽にお願いいたします!!

現在、無料体験を実施中です。

私は主に小中学生の英語・数学
そして海外の方の日本語学習のレッスンを
担当させていただきます。

今日はミュージック・ビデオのお話をさせていただきます。
ミュージック・ビデオはアーティストが楽曲のプロモーションのために制作するビデオです。

歴史に関してはあいまいだったのでWikipediaをチェックしてみました。
一説ではビートルズが新曲の映像作品を制作したことが始まりといわれているようです。

1980年代にはアメリカ合衆国で音楽専門チャンネルMTVが開局され
多くのミュージック・ビデオが放送されました。

特にジョン・ランディス監督によるマイケル・ジャクソンの「スリラー」は歴史を変える作品になりました。
ユニークなダンスはもちろんのこと
リック・ベイカーによる特殊メイクは衝撃的でした。

短編映画の長さで観客を虜にするミュージック・ビデオは
ハリウッドにも影響をあたえるようになります。

カラフルな映像、次々と登場するヒット曲、極端なカメラアングルなど
明らかにミュージック・ビデオの手法を取り入れた作品が発表されるようになりました。

後編につづきます。

動画はマイケル・ジャクソンの「今夜はビート・イット」です。
ビリヤード場とクライマックスのダンスが圧巻です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Got a question? Click to Chat