Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor Yukihiko 's Column

素晴らしきミュージック・ビデオの世界 後編

Jun 18, 2020




Hello!!
How are you doing today?
こんにちは。オンライン講師のYukihikoです。


コメント、お問い合わせなどお気軽にお願いいたします!!

現在、無料体験を実施中です。

私は主に小中学生の英語・数学
そして海外の方の日本語学習のレッスンを
担当させていただきます。

前回のつづきでミュージック・ビデオのお話をさせていただきます。
ミュージック・ビデオはアーティストが楽曲のプロモーションのために制作するビデオです。

ミュージック・ビデオの演出が高く評価された監督たちは映画界に進出します。

『エイリアン3』でデビューしたデヴィッド・フィンチャー監督は『セブン』という傑作を演出しました。
今年は6年ぶりの新作が公開される予定です。

『バッドボーイズ』のあと、『ザ・ロック』『アルマゲドン』など超大作を手がけたマイケル・ベイ監督
ド派手なアクション演出が特徴ですが特にカーチェイスのカメラワークがすさまじいです。

ジェフ・ブリッジスとティム・ロビンスが共演した『隣人は静かに笑う』のマーク・ペリントン監督
とんでもないラストには驚かされました。

一方、90年代のミュージック・ビデオの世界では若い監督たちのユニークな作品が話題になります。
スパイク・ジョーンズ監督、ミシェル・ゴンドリー監督、クリス・カニンガム監督・・・
彼らの天才的なアイディアには圧倒されます。

2000年前後には
彼ら若手監督(クリス・カニンガム監督は長編映画を発表していないと思いますが)も長編映画を手がけるようになり
アカデミー賞など賞レースでも話題になっています。

最近は映画と同じくミュージック・ビデオもデジタル化が進みVFXを駆使した作品も増えました。

私はフィルムの質感が好きなのでお気に入りは90年代の作品が多いです。
昔はなかなかフルで見る機会がなかったのですが
最近はYouTubeで多くの公式のビデオが見られます。

ぜひ好きな楽曲のミュージック・ビデオをチェックしてみてくださいね。

動画は90年代を代表するジョナサン・グレイザー監督による
Jamiroquai - Virtual Insanity

最後までお読みいただきありがとうございました。

Got a question? Click to Chat