Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor Carmen T. 's Column

5 Life Hacks for Writing or Giving Memorable Speeches / 記憶に残るスピーチを書いたり与えたりするための5つのライフハック

Weekly Topic: A Small Lifehack to Share

Sep 13, 2020


(以下の日本語訳)






Here are some newbie tips that can help you increase your chances of preparing or delivering a good speech :

1. Think about what you want to say. 
After deciding on a topic, you have to think about WHY you chose it. Is there a lesson that you want to convey or is there a point that you want to make? Is there a moral to the story or topic that you will be discussing? Ask yourself: "What do I want to say? What is one thing important for me to convey to the audience?" Formulate it in one sentence and write it down - this will help you stay on course during preparation. Now the simplest thing is left: to build a speech that will lead your listeners to this very thought.

2. Talk about what is close to your own experience.
People love stories: scary, funny, touching, inspirational but be anecdotal and personal as possible.It is best if you directly relate your topic to a personal experience. It will reflect both on your integrity and sincerity as a speaker.

3. Structure is important.
All truly gripping stories and speeches are structured the same way: they have an interesting, catchy start, a dramatic climax, and a strong conclusion or end. These are what you should remember when writing or giving your speech.

How do you get the audience to listen to you in the beginning? What will be the highest emotional point of your performance? What important thought will you lead the audience to at the end of the performance? Answer these questions when preparing your speech - and you'll certainly be on your way to success.
 
4. The Main parts of the Speech is the Beginning and it's End.
Any text, whether written or spoken, should show a strong position in both the introduction and conclusion. What you say at the beginning and at the end has the most impact and is best remembered by the audience.

Your beginning should "hook" your audience and catch their attention that can draw them to listen to you. A hook, in writing or speaking, is that ingenious “something” that draws the reader in with curiosity, disbelief, shock, awe, or whatever else it may take to interest the audience.

Your ending should be a synthesis that should show the significance or message of your topic It is there that you should send an important thought that your listeners should remember (yes, that very important thought from point 1) -  a good takeaway will definitely not go unnoticed. 

5. Be Daring - Rules can be broken once in a while!
So you want your speech to be different and stand out? Then why not break the rules! Here are some examples --

Go straight to the point. Instead of "leading" the listener to an important message at the end, say it first and use the remaining time to explain it. This works especially well with unexpected, conflicting statements.

Or give up an important thought altogether . Perhaps, use an open ended question that you do not have to answer. This could be a technique to make your audience and even yourself actively think and reflect on a dynamic topic that you've chosen.

Try to unfollow the standard structure by skipping your introduction and start from the climax: immediately stun the viewer with a provocative or touching confession, without a long introduction, baiting the audience by going straight to the emotional part of your speech. 

It's difficult to break the rules, but if you are confident in your abilities, your speech will definitely turn out to be the most unusual or memorable for your listeners. 

I hope you find these tips useful. Here's wishing you the best of luck in your speech writing and delivery. Ganbatte!


Sources :

https://teletype.in/@skyengtalks/HyqRXCXLr

https://www.academon.com/academy/guides/how-to-write-a-strong-introduction-and-conclusion/
 


初心者が良いスピーチを準備して提供する可能性を高めるのに役立つヒントをいくつか紹介します。

1.言いたいことについて考えます。
トピックを決めたら、なぜそれを選んだのかを考える必要があります。伝えたいことはありますか?学ぶべき教訓はありますか? 「どういう意味ですか。聴衆にリーチするために私にとって何が重要ですか?」と自問してください。一文でそれを書き留めてください。これは、準備中にコースを続けるのに役立ちます。今、最も単純なものが残っています。これは、この非常に考えさせられるスピーチにリスナーを導くスピーチを構築することです。


2.自分の経験に近いものについて話します。
人々はストーリーが大好きです。トピックを個人的な経験に直接関連付けることが最善です。スピーカーとしてのあなたの誠実さと誠実さの両方を反映しています。

3.構造が重要です。
本当に魅力的なストーリーやスピーチはすべて同じように構成されています。彼らは興味深い、紹介、劇的なクライマックス、そして強力な結論またはエンディングを持っています。スピーチを書くときや話すときは、これらを覚えておく必要があります。

最初はどのようにして聴衆にあなたのことを聞いてもらいますか?あなたのパフォーマンスの最高の感情的なポイントは何ですか?パフォーマンスの最後に観客を導く重要なアイデアは何ですか?スピーチを準備するときに、これらの質問に答えてください。その後、あなたは確かに成功への道にあります。

4.スピーチの主要部分は、始まりと終わりです。
導入部と結論部の両方について、書面と口頭の両方で強力である必要があります。最初と最後にあなたが言うことは、聴衆によって最も影響力があり、最もよく覚えています。

あなたの初めはあなたの聴衆を「引っ掛け」、彼らの注意を引くべきです。フックとは、読者を好奇心、不信、衝撃、畏怖、または聴衆の注意を引くために必要なその他の何かに引き付ける、書面または発話における独創的な「何か」です。

エンディングは、トピックの重要性と、リスナーが覚えておく必要のあるメッセージまたはレッスンを示します(はい、ポイント1から)。良いメッセージは見過ごされません。

5.大胆なルールは時々破られることがあります。
あなたのスピーチを際立たせたいですか、それとも違うものにしたいですか?その後、ルールを破ります!以下は例です

ポイントにまっすぐ行きます。最後に重要なメッセージにリスナーを「導く」のではなく、最初にそれを言い、残りの時間を使ってそれを説明します。これは、予期しない一貫性のないステートメントで特にうまく機能します。

または、すべての重要な考えを放棄します。おそらく、答える必要のない自由回答形式の質問を使用してください。これは、視聴者とスピーカーが動的に選択したトピックについて積極的に考え、反映するためのテクニックかもしれません。

イントロダクションをスキップしてクライマックスから始めることにより、標準的な構造に従わないでください。長いイントロダクションや感情的なスピーチなしで、挑発的またはインスピレーションを与える供述ですぐに視聴者を驚かせます。感情的な部分に直接行くことによって聴衆に餌をやる。

ルールを破るのは難しいですが、自分の能力に自信があるなら、おそらくあなたのスピーチはリスナーにとって最も珍しい、または記憶に残るものになるでしょう。

これらが役立つヒントになれば幸いです。また、スピーチが適切に記述され、提供されることを期待しています。がんばれ!

Got a question? Click to Chat