Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor Luna.N 's Column

日本語の「あ」とほぼ同じ英語の母音とは?!

Sep 28, 2015

皆様、こんにちは。こちらのコラムでは特に発音全般に関することなどを少しずつ書かせていただきたいと思っております!今日は日本語とほぼ同じ英語の母音を1つだけ紹介したいと思います。

英語の母音には日本語の母音にはない音ばかりで、そのために発音で苦労されている方が多いかと思います。しかし、自信をなくされる必要はございません。実は日本語の母音にかなり近い音もあります!(数は残念ながら少ないのですが、、、)

次のアルファベットを発音してみてください。

I,  

これは2つの音から成り立っていますよね?今さらかと思われるかもしれませんが、「あ」「い」と、はっきりとひらがな風に発音してしまう方もいらっしゃいます。

辞書の発音記号をみてみると、/aɪ/とでていると思います。(ちなみに、/ /の記号は、これは発音記号をあらわしますよ、という意味です)これは二重母音といって、切り離して考えてはいけない、2つで1つと、セットになった母音です。この二重母音を発音するときのコツは、はじめの音を強く、次の音を弱く、なめらかに続けていうことです!

そして、このはじめの/a/はきちんとはっきり「あ」と言った時の「あ」とほぼ舌の位置、あごの開き具合がほぼ同じです。

この音だけは自信をもって発音してください!次の/ɪ/は日本語の「い」とは少し違うので、少しだけ工夫が必要です。日本語の「い」をきちんと発音すると口びるが横にひっぱられますが、この/ɪ/は、口びるをリラックスさせてどこにも力を入れないで発音します。唇まわりがリラックスすることによって、あごも少しだけ「い」を発音するときより開きます。

堂々と「あ」と言ったあとに、音をきらないように次の音を弱く、なめらかに続けて言ってみましょう!

ちなみにこんな単語に使われています。

why /waɪ/     time /taɪm/     five/faɪv/

また、この/a/は単独で使われることはなく、/aɪ/ /aʊ/のセットになっています。ただ/aʊ/の場合は同じ/a/という記号でも、特にアメリカ人の方は、舌を少しだけ前にだし発音しており、「あ」とは微妙に音が違うので、今回は/aɪ/だけを例にあげておきました!

この音は習得されている方も多いのですが、発音初心者の方にも、ちょっとしたコツですぐに英語らしく聞こえる音です!自信をもって発音してくださいね!

Got a question? Click to Chat