Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor Luna.N 's Column

なめらかに英語を発音するコツ

Nov 6, 2015

皆様こんにちは!カナダは紅葉もおわり、朝晩はかなり冷え込むようになってまいりました。これから長い冬が始まります、、、。

さて、ネイティブの方の話す英語は、なんだかとても、なめらかで、早くて途切れない、と思う方もいらっしゃると思うのですが、それは何回も申し上げているように、英語は単語と単語をつないで話していく言葉だからです。リンキング、リエゾンと言われているのですが、今日はそれを少しだけ紹介させていただきます。

まずは

下の単語を発音してみてください。

bus stop (バス停) 

2つSが続いて言いにくいなあ、と思われた方は正解です。同じ子音であるSが2つ続いていて言いにくいので、英語ではこのSをつなげて1つだけ発音します。なので

bu-S-top

という感じで続けて発音します。このとき、Sを少しだけ長めに発音することがポイントです。Sに限らず、同じ子音同士はつなげて、1つだけ発音します。

他の例:some milk (So-M-ilk) ,   with them (wi-TH-em)など。

 

次は、子音で終わる単語のあとに母音がきた場合です。

stop it    Stop it!やめて!)

talk aboutLet's talk about fashion.ファッションについて話そうよ)

こちらは、こんなふうにつなげます。

stopi-t

talka-bout  

このように、iaを、その前のpkにくっつけて発音します。

aboutaは、以前コラムでお話した、弱母音というものになり、日本語の「あ」でも appleaとも違いますのでご注意ください。

このように「つなげる」部分を意識して発音されていく事が、英語をなめらかにしていくコツとなります!

この他さまざまなリンキング、イントネーション、ストレスなどを勉強していく発音レッスン発展編を、新しく作成いたしましたので、それに合わせたお話を今回はさせていただきたきました。詳細はプロフィールページのほうで、ご覧くださいませ。

Got a question? Click to Chat