Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor Risho 's Column

中国語で日本の名言〜人生は落丁の多い書物〜

Nov 16, 2015 | 3 Comments

今朝自分のスマホの【微信】(Wechat)にある【朋友圈】(モーメンツ投稿)をみてたら、芥川龍之介の名言を紹介する投稿がありました。本日はその一つを中国語訳つきで紹介したいと思います。

人生は落丁の多い書物に似ている。一部を成しているとは称し難い。
しかし兎に角一部を成している。 
ー芥川龍之介

rénshēng xiàng yíbù quēle hěnduō yè de shū
 人生   像 一部 缺了 很多  页 的 书,
shízài nányǐ chēngzhī wéi shū
实在    难以   称之        为   书
dàn zǒngsuàn miǎnchéng yí bù 
但     总算        勉     成     一部

【...像...】:〜のよう             
例文:人生像一部书。


【缺了很多页】:多くのページが抜け落ちている。  
 例文:一部缺了很多页的书。


【实在】:実に。
 例文:我实在不想出去。


【难以】:〜し難い。
 例文:这件事难以相信。


【称之为...】:〜と称する。
 例文:海南岛被称之为东方的夏威夷。

【总算】:ともかく。とにかく。やっとのことで。
 例文:我们总算到目的地了。

【勉成】:かろうじて〜になる。 

自分のいままでの人生を振り返ってみれば、だれでも「落丁」があるはず。しかし、「落丁のない本」になりたくて、仕事も、家庭も、勉強も完璧を求めて、頑張りすぎてしまう自分はどこかにいませんか。(私自身はまさにこのタイプの人間です。)

言葉の勉強だってそうです。一生懸命に勉強しても実感が湧かない。覚えた単語がすぐに忘れてしまう。ネイティブの人の前で緊張して何も言えなくなる。。。悔しくて自分を責めてしまう。

でも、毎回のレッスンで覚えたこと、話したこと、全部『自分』という本のページになっています。落丁があっても、かろうじて成したものでも、世界に一冊しかない『自分』という書物を成したのです!

落丁だらけでもいい!いますぐに成果が出せなくてもいい!と思考回路を変えてみるのもいいかもしれません。

以前からこの名言が好きでした。今日はこの名言をとても適切に訳した中国語に出会えたので、中国語学習者の皆さまに捧げたいと思いました。

1日1日を楽しく過ごして、自分のページを増やしていきませんか。

中国語の勉強も挫けずに、気楽に、楽しくしていきましょう!

Got a question? Click to Chat