Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor May K. 's Column

やってみよう!発表会ごっこ

Apr 5, 2017

ピアノ講師のMayです。

私のピアノレッスンを受講している小さな生徒さん達、

「ピアノを習うのは初めて!」というお子さんが殆どです。

初めは「鍵盤は白と黒があるのは知っているよ、でも音符やリズムってなあに?」

・・・と言っていたけれど、

「ドの音、すぐに見つけられるよ!」

「お団子はドの音、ぶら下がってるのはレの音だよ!」

「これはお休みのマークだね」

「リズムはこれだよ!」

などなど、レッスンを始めてから知識も増え頼もしいばかりです。

そして何よりピアノを弾くことを楽しんでくれていること。

ピアノを弾き終えて、成功した時はキラキラした笑顔を見せてくれます。

笑顔だけでなく、「やったー!」とポーズしてくれいる子も。

もちろん、上手く弾けないこともあります。

そんな時は、魔法の練習を一緒にして乗り越えます。 

     

 

前置きが長くなってしまいましたが、いろいろな曲が弾けるようになってきたので

レッスンで仕上げた曲を弾いて、おうちで更に楽しい経験にしてあげてください。

発表会ごっこ」のススメです。

いつもの練習とはちょっと違ってちょっとの緊張感と大きな達成感が持てます。

初めはお母さんと二人でやってみましょう。

ピアノがあるところは大きな舞台の上とイメージしましょう。
 

お母さんにはお客さん(観客)になってもらいます。

オレンジ-演奏者(お子さん)

グリーン-お母さん

1.舞台のそでを決めて、お子さんはそこから歩いてピアノの所まで行きます。

2.ピアノの前でお客さんにお辞儀をします。

3.お客さんは大きな拍手をします。

4.ピアノを演奏します。

5.演奏を終えたら、またピアノの前でお辞儀をします。

6.沢山の拍手をしてください。そして・・・

 ・Bravo!(ブラーボ)男の子

 ・Brava!(ブラーヴァ)女の子

 と声を掛けてあげてください!

7.舞台のそでに戻りましょう。

※聞いているお客さんは演奏前、演奏中は演奏者に声を掛けないでくださいね。
 



ちょっとしたことですが、演奏前のドキドキした気持ち

そして、拍手を沢山してもらってワクワクした気持ちが体験できます。

更にドレスを着たりネクタイをつけたりして、気分を盛り上げるのも楽しいですね。

家族みんなに見てもらったり、おじいちゃんとおばあちゃんへSkypeで

ライブ配信してみるのも楽しいです。沢山の人に聞いてもらいましょう。

弾く楽しさだけでなく、自分の演奏をお客さんが楽しんでくれるという

「聞いてもらう楽しさ」を経験することができますよ。

習った曲を「発表会ごっこ」で披露して、是非みなで一緒に楽しんでください。

 

May

Got a question? Click to Chat