Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor Light 's Column

「~は食べられない」は英語で?

May 14, 2018

こんにちは! 最近辛いものを少しでも食べられるように克服しようと努力しているLightです。

誰でも食べられないものや食べたくないものは少なからずありますよね。
この間知り合いの誕生会に行った時にお友達が言っていたのが
「Cちゃんはミートローフがだーい好きなんだよね♡(皮肉)」
その子はミートローフが食べられないそうです・・・話題に出るのも嫌そうな顔。笑

そんなわけで今日は「~は食べられません。」と伝えるためのフレーズを見ていきましょう。

"I cannot eat spicy food." 「辛いものは食べられません。」
これが多分一番シンプルで分かりやすい言い方だと思います。
"I cannot eat ~ ." このフレーズ+食べられないものの名前で伝わります。

ちなみに"I don't eat spicy food."のように"can't"から"don't"に変えると「辛いものは食べません。」という意味に変わります。
例えば食べられるけど体に良くないから食べないとか。
なんらかの理由があって「食べないようにしている」時は"I don't"を使いましょう。

"I cannot take spicy food."「辛いものは食べられません。(受け付けません。)」
辛いもの例ばかりで申し訳ありませんが。
これはワンステップアップの言い方。"can't eat"よりも少しネイティブっぽい言い方なのでカッコいいかなと思います。
"can't take"は「受け付け(られ)ない」という意味があり、食べ物・飲み物以外にもお金、カードや「受け取る」「受け付ける」系のものに使えます。
例: クレジットカードを取り扱っていないお店で。"Sorry we can't/don't take credit card."「すみません。クレジットカードは使えないんです。(受け付けていないんです)」

"I can't handle spicy food." 「辛いものはダメなんだ。」
"handle"は「取り扱う」「操縦する」「関わる・手に取る」などの意味があります。
その中でも"can't handle"は「受け付けない」「たえられない」「取り扱えない」のような意味でも用いられ、食べ物・匂い・状況など様々なシチュエーションで使われます。
ここでは辛いものは受け付けない、手に負えない、という意味から「ダメだ」と伝えているんですね。

でも正直このフレーズは匂いに関して使われているのを一番よく聞く気がする・・・
例: 腐ったものの匂いがすごくて"I can't handle the smell!"とか。 (^_^;)

色々なものに使えるフレーズです。

そんなこんなで辛いものの話ばかりしましたが。笑
皆さん食べられないものがあるとき、ぜひこの3つのフレーズを使ってみてください。

それでは、I hope to see you in the lessons!

Light

Got a question? Click to Chat