Cafetalk Featured Tutor Interview

Maggie

From    In
English German Problem Solving

Maggie Tutor Interview

Q. Maggie先生、こんにちは。まずは自己紹介をお願いします。

A. 皆さんこんにちはMaggieです!私は日本育ちのハーフです。 趣味は海外映画とアメリカのドラマを見ること、料理、旅行、おいしいものを食べることです。とくにヨーロッパ旅行中に食べ歩きをするのは大好きです。 私はアメリカの4年制大学に通い卒業後はアメリカにて働いていました。現在は緑も町もきれいなドイツに住んでおります。

Q. アメリカの大学に編入し、その後アメリカでお仕事をされていたそうですね。アメリカでの生活について教えて下さい。

A. アメリカでの生活は私にとって忘れられない大切な思い出ですね。 とにかくアメリカは文化も人種も多様です。中国系からメキシコ系まであらゆる人種がいます。 私の知っている限りアメリカ人はお祭り・イベント好きですね。メキシコの祝日“Cinco de Mayo”を祝うお祭りがあったり、Saint Patrick’s Day” というアイルランドの祝日を祝ったり、オランダの祝日Queen’s Dayを祝ってみたり、中華街でChinese Paradeがあったり、もちろん皆さんご存知のHalloweenはアメリカが本場ですよね。 私、今年初めてドイツのハロウィーンパーティーに行ったのですが正直アメリカとのレベルの差にショックを受けてしまいました(笑)アメリカはやはり本場だなと思いましたね。コスチュームもこっているし、夜アメリカでバスなどに乗るとほぼみんなが仮装していますね。逆にハロウィンの夜にコスチュームを着ないとアメリカでは恥ずかしいくらいなんですよ。

Q. プロフィールに語学が大好きだった…とありますが、英語はどのように習得したのでしょうか?ドイツ語のレッスンもありますが、複数の言語を学ぶコツを教えていただけますか?

A. 私はインターナショナルな環境に囲まれて育ったため小さいころから英語を聞くチャンスがありました。私の英語がネイティブ級になったのはアメリカへの留学がきっかけです。 リスニングとスピーキングに慣れていた私もTOEFLは留学のために頑張りましたね。TOEFLは慣れる事が大切だと思います。TOEFLを勉強されている方は問題をできるだけ沢山こなしていくことをお勧めします。 複数の語学を学ぶコツですか?難しいですがいい質問ですね。私は今まで英語以外にドイツ語、フランス語、イタリア語を学んだことがあります。まず英語が少しできる人がドイツ語を学ぶ場合、できるだけ日本語ではなく英語と比べること、英独・独英辞典を引くことをお勧めします。なぜかというと、ドイツ語は英語と同じインド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派に属し、日本語よりも似ている部分があるからです。フランス語とイタリア語も似ている部分が少しあります。つまりドイツ語、フランス語、イタリア語は日本語と一緒のグループではありません。なのでちょっと無理なアドバイスかもしれませんが、これらの言語を日本語で勉強する場合あまり日本語と比べすぎないように勉強するといったところでしょうか?私は実際そのようにしました。言葉はなれだと思います。最後に最も大切なことはどの語学にも言えることなのですが、楽しむことです!楽しめば覚えも早くなります。

Q. 現在は南ドイツに住んでいるんですね。ドイツのこと、色々教えてください!人や街はどのような雰囲気ですか?

A. ドイツ人は日本人に似ている部分がありますよ。とくに時間にはピッタリです。8時と言ったら8時ピッタリに来ます! 同じヨーロッパのイタリア人やスペイン人はもう遅れることが文化のように当たり前ですけどね(笑)ドイツ人はルールなんかもきちっと決めたり日本人には付き合いやすい人種なんじゃないでしょうか。 ドイツの町は場所によってかなり違いますね。ベルリンはベルリンの良さがあります。ベルリンの壁があったせいもあり、歴史を感じる町ですね。また西側の町ドゥッセルドルフは日本の会社がいくつかあり多くの日本人が住んでいるので有名な町です。ドゥッセルドルフには小さな日本の通りがあり、そこには日本の書店、薬局、美容院、ホテル、日本のスーパーまであるので日本のものがほぼ何でも手に入るんですよ。私が住んでいる南は山があるので緑がとても綺麗ですね。湖、小川も沢山あります。夏の気候もいつもぽかぽかしていて湖のそばでの日光浴はとても気持ちいいです♪

Q. ドイツと言えば、ビールとソーセージ!ですが、他におすすめのドイツ料理はありますか?

A. ドイツでスーパーに行く機会があればハムもチェックしてみてください。値段も安いし種類もとてつもなく沢山ありますよ。どれもとってもおいしいんです。 レストランでの私のお勧めは”Jägerschnitzel・イェーガーシュニッツェル”です。シュニッツェルといえば日本のカツのように揚げたものもあるのですが、こちらはスライスした豚肉をソテーして、マッシュルーム入りのクリームソースがかかったものです。これはドイツのパスタ、”Spätzle・シュぺツレ”と一緒に出てくることが多いですが”Pommes・ ポメス・フライドポテト”とでも美味しいですよ。

Q. 先生のレッスン、『海外ドラマで英会話』が気になります!ドラマを観ている方って多いと思うのですが、観ているだけでは中々上達しないですよね。ドラマをどのように英会話の教材として使用するのですか?

A. 実はフレンズを見る度にスピーキングを上げたい人のにいい材料だなと前から目をつけていたんですよ。なぜならフレンズには日常的によく使う表現、イディオム、スラングが豊富に含まれているからです。 まずレッスン確定後、私のほうから台本を基にし作りあげたリスニング用のプリントとフレンズのシーンのリンクを生徒の皆様に送らせて頂いています。そちらを用いてレッスン前までにリスニングして頂いているんです。このときほんの少ししか聞き取れなくてもいいのでとにかく楽しんでトライしてもらっています。 レッスン時に聞き取れない部分の解説、新しいイディオム、スラング、表現などを学んでいきます。またリスニング効果にとどまらずスピーキング力も上げていくために台本を用いた会話練習、フレンズに使われる表現を自分のものにするために場合によっては言い換えの練習もしていきます。

Q. 『はじめてのドイツ語』は、全くの初心者の方でも受講できますか?ドイツ語学習は何から始めるべきでしょうか?

A. はじめての方大歓迎です! こちらのレッスンは入門編となります。初めての方を対象に分かりやすく丁寧にドイツ語を教えています。 ドイツが初めての方は1からはじめなければなりません。つまり数字・挨拶・読み方・ABCなどですね。 でもドイツ語の音って日本語とも英語とも全く違いますよね?なので「はじめてのドイツ語」でははじめての方に音に慣れていただくという理由で初めの2~3回のレッスンでは全く文法に触れず少し音に慣れてから文法に入るという形をとっています。ドイツに旅行に行く方には役立つ単語&フレーズのみを教えることも可能です。興味のある方はお気軽に受講してみてください。

Q. 最後に、カフェトークの生徒へメッセージをお願いします!

A. カフェトークの生徒の皆さん、私のインタビューの記事読んでいただいて有難うございます。 私のレッスンすべて「楽しく効果的」を目標に提供しています。語学の勉強にあたって大切なことは小さくてもいいので目標を持つこと、そして楽しむことです!頑張っている皆さんを心から応援しています。英語の学習でお悩みの方、いろいろ相談してくださいね。喜んでアドバイスいたします。私のレッスンに興味のある方は体験レッスンもしておりますのでお気軽にお試し下さい。

///

Maggie


Got a question? Click to Chat