Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor 中村勇太 's Column

ヴァイオリンを楽しむヒント3〜弓は重力に従う

Mar 26, 2019

弓の持ち方、いろんなヴァイオリニストがいて、いろんな先生がいます。
弓の持ち方はすなわち、楽器を効率よく響かせるためにどうするか、ということ。

ポイントとしては肘、手首、指。

みんな見た目や方法は異なっているように思えますが、やっている中身は同じ。
楽器を「しっかり振動させる」そして「振動を自分で止めない」。 

ではそれをどうやって体感するべきでしょうか。 

弓の重さを感じ取れる手の形、リラックスした手や指の感触が必要ですね。

そしたら、まず何とかして弓の重さを感じなければ!

では、どうやったら弓の重さを感じられるのでしょうか?

そして、指弓、コーレってなんでしょうか?

今回はそういうヒントでした! 

弓を置く。
音を出す前の当たり前の動作ですが、とてもとても大事で難しいことです。

くれぐれも無理やり弾かないで、日々感触を研ぎ澄ましていきましょう!

Got a question? Click to Chat