Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor Yumiyumi 's Column

嫌いなものには理由がある!

Dec 22, 2020

いつもコラムをご覧いただき、ありがとうございます。

どんな人でも、嫌いなものが1つはあると思います。
何でもいいので、想像してみて下さい。
嫌いなものには、理由がありませんか?

最近感じるのは、子供たちの「嫌い」を、大人が作ってしまっている
のではないか、ということです。

塾の生徒さんで、できないと癇癪を起すお子さんがいます。
習っているのは国語と算数で、私は国語を受け持ちました。

半年後、算数は全国偏差値39、国語は偏差値49で、志望校の
合格者平均点を超えました。
なぜ、同じお子さんで、同じ状況下で、点数にこれだけの差が
出てしまったのでしょうか?

答えは簡単です。
「好き」か「嫌い」か、という「気持ち」の違いです。


初めは漢字の読みしかできなく、文章題も一人では全く解けませんでした。
出来ないと機嫌が悪くなるので、できる問題のみをやることにし、
出来たら褒める、を繰り返していきました。

解けない問題はヒントを与え、少しずつ解ける問題を増やしていったことで、
「できる」という自信が、国語に対する「好き」という感情を生み、
前向きに取り組むようになり、成績も大幅にアップしました。


出来ない子はいません。
やりたくないものは無理にさせずに、お子さんと向き合うのが、
一番だと思います。

成績を上げようと、大人の「枠」にはめ込もうとすると
「嫌い」になってしまうので、「できる」→「好き」の好循環に
導いてあげると、自然と成績もupしますよ!

Got a question? Click to Chat