언제나 생활에 감칠맛을.

Cafetalk Tutor's Column

Mii.S 강사 칼럼

パニック障害と私③

2022년 4월 9일

こんにちは
言葉であなたに寄り添うメールカウンセラーMiiです!

どなたかの希望になればいいなという思いでパニック障害を乗り越えた私の体験をシェアしたいと思います。

①はこちらからどうぞ
https://cafetalk.com/column/read/?id=240091&lang=ja

②はこちらからどうぞ
https://cafetalk.com/column/read/?id=240176&lang=ja




レッスンを休止し、療養の日々。
体調は良くなったり、悪くなったりを繰り返していました。
なんなんだろう?これは…ともう一度近くの内科を受診しましたが、心電図も異常なし。
また大丈夫だよと言われ帰りました。

そう言われても落ち着かない体調。
インターネットで調べると最初の症状はパニック発作だったことが分かりました。
帰国後、慣れない生活で無理をしていたんだなと自分の生活を振り返りました。
ストレッチのレッスンを提供することは喜びでしたが、それ以外の時間を自分のためにうまく使えていなかったのだなと思いました。

コロナ禍で出会いもなく、友人はおろか知り合いもできない日々だったので、カフェトークでカウンセリングのレッスンを受けてみることにしました。
気持ちを吐き出すことで少しずつ心と身体も安定してきました。
一時的に感染者が減少した秋。
運動を始めようとジム通いを始めました。
海外で長年ジム通いをしていたので、正確には再開です。
スタジオレッスンにも参加し、元気に過ごせていました。

ですが、年末に風邪を引き体調を崩しました。
年末年始に寝込んでしまい、気持ちも落ちて涙があふれる日々でした。
体調が戻ってからも、なぜか自分が戻ってこず辛い毎日。
好きだった音楽も聴けず、漫画も読めなくなっていました。
夜、なかなか眠れない日も増え、朝目が覚めた瞬間から嫌なことや不安なことを考えてしまい眠っている時が一番幸せという状態にまで追い込まれていました。

「私には何もない、私は何もできない」という気持ちが胸に広がっていました。
その時は気づけなかったのですが、きっと鬱状態だったのだと思います。
そしてオミクロン株の流行で感染者もまた増加し、もうジムなんていけないとたった1ヵ月で退会しました。

次回に続きます。

이 칼럼은 강사가 게시한 글로서 강사의 주관적인 의견이며 카페토크의 공식 입장이 아닙니다.

부담없이 질문해 주세요!