언제나 생활에 감칠맛을.

Cafetalk Tutor's Column

Tomokazu 강사 칼럼

ドイツ語 単語の覚え方

2017년 3월 19일

ドイツ語だけでなく外国語を勉強するとき、単語が覚えられない、という人が多いと思います。では、どうすれば効果的に覚えられるのでしょうか?効果的というのは実際に使えるようになるという意味です。

単語を覚えるときに、一つ一つの単語の意味だけを一生懸命覚えようとしている方が多いかもしれません。ドイツ語を勉強するときに一つ一つの単語の意味だけ覚えても頭に定着しませんし、自分が使えるようにはなりません。当然ドイツ語にはドイツ語の言い回しや語順がありますので、単語の意味を調べた時にその意味だけでなく、その単語が出てきた文書をそのまま覚えることをお勧めします。

例えば、もし「彼はラップトップを盗まれました。」という文書を作りたいとき、stehlen という単語だけ知っているだけだと、正しく Ihm wurde ein Laptop gestohlenという文書が作れません。重要なのは日本では盗むという単語は人を主語にしますが、ドイツ語では物を主語にするということ。 このように単語を覚えるときには単語だけでなく、その単語が実際にドイツ語を母国語にしている人が書いた文書の中でどう使われているのかを知るのが重要です。一見、遠回りのようですが、ドイツ語を聞く、話す、書くどれを上達させるためにも結果的に近道だと思います。

부담없이 질문해 주세요!