Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor Sakai 's Column

教科書にでてない日本語❝ワンチャン❞

Aug 1, 2020 | 4 Comments


こんにちは。 日本語講師のSakaiです。

今日のことばは「ワンチャン」
・・・と、言っても犬のことではありません。(ワンちゃん?)

「ワンチャン」は
One Chance」を省略(しょうりゃく)したことばです。
元々(もともと)は麻雀用語(マージャンようご)
「一回のチャンスで、逆転(ぎゃくてん)できる」という意味(いみ)なのだそうです。
それが
学生の間で、「可能性(かのうせい)は低いけど0ではない」→「もしかして」「ひょっとしたら」の意味も含(ふく)まれるようになりました。
英語の「there is a possibility(可能性がある)」の意味に近いようです。

・「今日、カラオケいかない?」「授業(じゅぎょう)あるけどワンチャン行ける」
・「今日発売(はつばい)の限定(げんてい)グッズがどこの店も完売(かんばい)なんだけど~!!」
  「今すぐ向()かえば、渋谷店(しぶやてん)ならワンチャンあるよ!」
・「このままだと定時(ていじ)に帰(かえ)れるから19時からの映画(えいが)ワンチャンある」

このように「ワンチャン(もしかしたら)行ける」「ワンチャン(ひょっとしたら)あるよ」など、「可能性がある」という意味で使われるそうです。
ピンチなシーンで心(こころ)をおちつかせるために
「神様(かみさま)、ワンチャンお願いします……」などと使う事もあります。

類義語(るいぎご)
ツーチャン:ツーチャンス。ワンチャンどころか2回以上可能性がある。
ノーチャン:ノーチャンス。チャンスがない。
フルチャン:フルチャンス。100%可能性がある。
こんなことばも生まれたようです。

Got a question? Click to Chat